· 

夏着物〜黒と白の長じゅばん着比べてみました

いわゆる薄物(うすもの)と言われる夏着物の下の長じゅばんの色を変えてみることで見え方がどう変わるかを試してみました。夏着物〜長じゅばんで印象が変わる? ←コチラをクリック

 

その時は濃い色の着物で試したのですが、今回は少し薄めの色の着物で試してみました。

コチラの着物です↓

実は二重になっているのです。

かなり手の込んだ着物で、裾にあみあみ部分があるのがみていただけると思います。

そこからまた違う布が見えている、という凝りよう…!

 

こちらはいただいたものなのですが、かなりのオシャレさんでいらっしゃったんだなぁと、以前の持ち主さんに思いを馳せてしまいます。

 

 

そしてこれが着物の裏地になります。

こんなに模様が入ってるなんて…!

 

表地がかなり透ける生地なので、ちゃんと透けてこの模様が見えるようにと、色々考えられた着物なんですねぇ。すごいなぁ。

 

ですので、下の長じゅばんの色も出やすいかなと思われます。

 

で、実際に着てみました。

 

ちなみに、長じゅばん以外は同じコーディネートです。

向こう側から光が入った方がより透け感がわかるかな?と思い、撮ってみました

生地が二重でもこの透け方…!

下に着る長じゅばんの影響が分かりやすそうですよねぇ。

着比べ写真です。

半衿の色の印象はもちろんあるのですが、少し長じゅばんの黒が透けて見えているのがわかるかなと思います。(わたしの右胸辺りがわかりやすいかな?)

下の色に影響されて、微妙に着物の色味が変わるのがおもしろいなと思いました。

袖はさらにわかりやすいですね。

わたし自身は、黒の長じゅばんを着た時の色味の方が好みです。

夜の室内でライトを当てての見え方なので、日中の陽の光だとまた違った見え方になるかと思います。


実はかなり前にいただいたのですが、ちょっとまだ着こなせないなーーと数年そのままにしていた着物なのです。

世間でアラフィフと言われる年齢になったので、そろそろよかろうかと出してきたのですが、似合ってるのだろうか…?

 

まだ自信がないので、お出かけは来年にとっておこうかと思ってます笑