· 

値段別浴衣の違いとは?〜安価な浴衣の場合

ネットで浴衣も買える時代。

値段もピンからキリまでありますねーー。

 

わたしも色んな浴衣を持っていますが、値段によって違うところってどういうところだろう??と思い、値段別で見てみることにしました。

こちらは3,000円くらいだった浴衣。

とても安かったことと、鮮やかな色合いで、金魚がかわいらしくて10年くらい前?に購入しました。

 

 

購入した当時は全く気にしていませんでしたが、この浴衣はミシン仕立てでした。

ですので、縫い目が表に出ている状態。

 

 

着物をマジマジと見て、仕立てとかあまり気にしたたことがないと、「ふーーーん」ってカンジかと思います。

ミシンで縫ってるんだしそりゃそうだろってカンジですよね。

ではでは、裾の縫い目を見てみましょう。

 

ミシン仕立てがどういうカンジなのかわかりやすいかなと思います。

 

コレが”別に気にならない”という方もいれば、”縫い目が出ているのがすごく気になる”という方もいる。

 

その人が何を優先して考えているのか、またはそれ以外の仕立てを知っているかどうかで、感じ方も変わってくるのだと思います。

こちらは、袖口の縫い目です。

 

生地と同色の糸で縫ってあるのでそんなに目立たなくはなっていますが、まぁ気になる人にはかなり気になる。

少し糸がクチャっとなっている箇所も見受けられるかと思います。

(右側写真の下)

 

裾に比べると、袖口は目に入りやすい場所なので、少し気になるかもしれません。

 

まぁ値段なりの生地感と仕上がりなのかな?と思います。

 

もう一つ、安価な浴衣の場合、サイズはフリーサイズ一択であることがほとんどかと思います。

ちょうどサイズが合う方にとってはなんでもないことですが、わたしのように小柄な人(152cmです)の場合は、浴衣が大き過ぎてこのうえなく着にくい、ということになります。

結局のところ、自分がそれを気にいるかどうかは値段じゃないということはずっと思っています。

 

少なくとも10年前のわたしは何も気にしていなかったし、今でもミシン仕立ては嫌だ、と取り立てて思っている訳でもありません。

自分の気にいる何かがあるものを気に入って買いたくなる、ただそれだけかなーーわたしの場合は。

 

ただ、値段の違いはこういうところにも出てくる、ということは覚えておいてもいいのかなと思います。

知ったうえで、安くてかわいい気に入った浴衣が見つけられたらそれはそれでサイコーですもんね。

 

 

次回はプレタの浴衣の仕立てについてです。