· 

浴衣を着る時に用意するもの

浴衣を着るとき、浴衣と帯以外にも色々と必要なものがあります。

 

当教室のレッスンで使用する、その他もろもろをご紹介したいと思います。

 

まずは肌着。下着ですね。

上半身は肌じゅばんを着ます。

 

これは、前と後ろの襟ぐりが空いているものであれば、Tシャツで代用が出来ます。

 

わたしは、前後の開きの調整が出来るので、肌じゅばんが気に入っています。

どういう風に着物を着るかで、自分で調節出来るのは肌じゅばんのいいところだと思います。

下半身は、裾よけをつけます。

体に巻きつけるというカンジの形状です。

 

もし手元にない場合はペチコートでも代用出来ますが、丈の短いものは避けましょう。

 

裾除けを着る意味は、浴衣に直接体を触れさせないこと=汚れ防止というものがあります。

 

 

腰紐(こしひも)です。

  

腰紐は、締めやすいモスリン(ウール)のものを使用しています。

 

3本使います。

補正のためのタオルです。

 

高級な分厚いものは避けていただいた方が使いやすいです。

 

3枚使います。

以上のものに加え、浴衣と半幅帯をご用意ください。

 

これで用意はバッチリです!

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    サク子 (水曜日, 24 6月 2020 06:00)

    はい!
    中身確認、バッチリです�

  • #2

    きものレッスンさくらさくら (水曜日, 24 6月 2020 16:06)

    サク子さん
    ご活用いただき、ありがとうございます!